Q&A|名古屋、東海市の車検は価格が安い!費用が格安!|Dr.Drive 東海インターCLS  

Dr.Drive 東海インターCLSは、車検一筋55年。車検実施台数700台の年間実績がある国土交通省指定の整備工場です。
東海市の車検は安心・格安のDr.Drive 東海インターCLSにお任せください。

指定
ネット予約で割引!

電話予約OK! 通話無料!!

0800-805-1439

受付時間:8:00~20:00 ※携帯電話からもOK

ホーム > Q&A
 

Q&A

 
質問の画像1

いつまでに車検を受ければいいのですか?

回答のアイコン1

車検満了日の1ヶ月前から車検満了日当日までにお受けください。

回答の画像1
 
質問の画像2

車検の時、どんな資料が必要なのですか?

回答のアイコン2

車検証、旧自賠責保険証明書、納税証明書(今年度分)、名義人の方の認印が必要です。
できれば任意保険証書もご用意ください。

回答の画像2
 
質問の画像3

他府県のナンバーでも車検はできますか?

回答のアイコン3

もちろんできます。ただし、納税証明書がない場合は取り寄せる時間がかかります。
よく確認してからご予約ください。納税証明書を紛失された方は、手数料が別途必要です。

回答の画像3
 
質問の画像4

自動車納税証明書を紛失したら?

回答のアイコン4

再発行が必要です。都道府県税事務所または市町村役所の課税課に確認してください。
基本的には都道府県税事務所に直接行く方法と郵送で依頼する方法があります。
■郵送の場合必要なもの
1.車検証のコピーまたはナンバーのメモ
2.氏名、住所、電話番号のメモ
3.切手を貼り、送り先を記入した返信用封筒都道府県税事務所ではすぐに発行されます。
郵送の場合は、一週間程度の日数がかかると考えた方が良いでしょう。

回答の画像4
 
質問の画像5

車検が既に切れている場合はどうすればいいのですか

回答のアイコン5

車検がすでに切れている場合は公道を走れませんので、キャリアカーで搬送して工場まで来ていただく方法も
ありますが、搬送費用がかかりますので、各都道府県の役場で発行する仮ナンバーを取得し、合法的に公道を
走って工場に来ていただく方法が一般的です。
正式には「自動車臨時運行許可制度」と言います。
申請するにあたり必要なものは、印鑑、免許証、期限が切れていない自賠責保険証明書(期限切れになっている
場合は、25ヶ月の期間で新たに加入するようにしてください。
詳細はDr.Drive 東海インターCLSまでご相談下さい。)、発行手数料等です。
申請受付時間、ナンバー返納可能時間や申請窓口は各役場に問い合わせてください。
車検を終えましたら、仮ナンバーだけではなく自動車臨時運行許可証も返納しなくてはなりません。

回答の画像5
 
質問の画像6

車検後のアフターフォローはどうなっていますか?

回答のアイコン6

万一、点検整備を実施した箇所に、整備作業が原因で不具合が生じた場合は、その不具合箇所を無料にて
再点検・再整備させていただきます。
また、次回の車検や定期点検のご案内をはがきや電話等でご案内致します。
お車の調子の悪いときなどの修理などにも迅速に対応させて頂きますので、
アフターフォローについては安心しておまかせください。
当社にて整備した箇所については
定期点検整備が完了した日から6か月または10,000㎞保証しています。
※いずれか早い時点までとなります。

回答の画像6
 
質問の画像7

自動車損害賠償責任保険証明書を紛失したら?

回答のアイコン7

契約している保険代理店で再発行をうけます。

回答の画像7
 

お客様の声

お客様のアイコン1

スタッフ全員が愛想よく、テキパキと親切に対応して気分が良かった。宣伝通り笑顔で帰れました。

お客様のアイコン2

車検場は清潔で気持がいい。検査員もひたむきで真剣。とても信頼感、親近感をおぼえ好印象。

お客様のアイコン3

自分の車が目の前で検査されているのを見てハラハラドキドキ。少々緊張した。次回は子供と一緒に。

お客様のアイコン4

検査のカルテで自分の車のアドバイスをしてくれるのがいい。思わぬ発見が色々。愛車への気持が変わった。

お客様のアイコン5

安い・速い・安全を100%こなしている。まさに先進的システム。

最大18,000円割引!ご予約・お問い合わせはコチラから!

車検のご予約お問い合わせ

ネット予約はこちらから

トップへ戻るトップへ戻る